自動車保険は自動車に乗る上でとても重要です。
事故が起こった時のアフターケアや保険料や支払われる保険金など様々な要素を考慮して保険を選択することが大切です。
保険の満期を迎えると、自動車保険を見直す良い機会です。
そのまま継続するのか、他社が提供する自動車保険に乗り換えるのかを考えると良いでしょう。
満期案内が来て、自動車保険を乗り換える場合に6等級以下の人々が事故を起こすと、割増等級になって保険料が大幅に上がる恐れがあります。
他社の自動車保険に新規加入しても、13ヶ月以内は等級が引き継がれる為、新規扱いにならず、割増等級となってしまうので注意が必要です。
つまり、5等級以下の人々は他社へ新規加入して等級を一からスタートさせて割増等級にしないようにするには13ヶ月以上日数が経つ必要があります。
等級や等級の引き継ぎの仕組みはどの損保会社の自動車保険でも基本的な部分が同じであるので、乗り換えなどを考えている場合には満期案内や保険証券などに記載されている事を確認して理解しておくことが必要です。
無事故であれば、等級は一段階上がる形で引き継がれることになります。
事故を起こしたかどうかによって保険料が変わってきます。