» 未分類のブログ記事

自動車保険は自動車に乗る上でとても重要です。
事故が起こった時のアフターケアや保険料や支払われる保険金など様々な要素を考慮して保険を選択することが大切です。
保険の満期を迎えると、自動車保険を見直す良い機会です。
そのまま継続するのか、他社が提供する自動車保険に乗り換えるのかを考えると良いでしょう。
満期案内が来て、自動車保険を乗り換える場合に6等級以下の人々が事故を起こすと、割増等級になって保険料が大幅に上がる恐れがあります。
他社の自動車保険に新規加入しても、13ヶ月以内は等級が引き継がれる為、新規扱いにならず、割増等級となってしまうので注意が必要です。
つまり、5等級以下の人々は他社へ新規加入して等級を一からスタートさせて割増等級にしないようにするには13ヶ月以上日数が経つ必要があります。
等級や等級の引き継ぎの仕組みはどの損保会社の自動車保険でも基本的な部分が同じであるので、乗り換えなどを考えている場合には満期案内や保険証券などに記載されている事を確認して理解しておくことが必要です。
無事故であれば、等級は一段階上がる形で引き継がれることになります。
事故を起こしたかどうかによって保険料が変わってきます。

自動車保険は満期2か月前に見積もりをすることをお奨めします。
現在、自分が加入している保険内容を確認していますか?
補償内容は自身にとって最も良いものですか?
以前に加入した保険のままで、内容の見直しをしていない人も多いのではないでしょうか。
保険の見直しとは、現在加入している保険内容と他社の内容を比較して検討することです。
見直しをすることが必ずしも良いとは限りませんが、他社の保険契約内容と比べることで、自身に合った内容が探せるかもしれません。
自動車保険は掛け捨てで、毎年の保険料も馬鹿にはなりません。
比較することで節約となることもあります。
現在、通販型保険というものが非常に広がりを見せて、保険料が安い通販型に乗り換えをするという人も多いです。
今までの掛け金より数千円から数万円安くなったというケースも見られます。
通販型は、対面で担当者が対応する保険商品とは違い、インターネットでの申し込みとなるため、コストパフォーマンスが低く、加入者に掛け金の還元をしています。
ただ、無人加入の通販型では、事故の際の対応などで多少不便なところがあり、トラブルも多いですので、乗り換えを検討する際には慎重に考えなければいけません。
十分な検討のために、満期日より2か月程度早めに検討しておくと良いでしょう。

自動車保険料は、等級によって決定されます。
等級とは、ノンフリート等級別料率制度から、等級の部分だけを抜き出した言葉です。
この等級は、1から20までが設定されていて、初めて保険に加入する際は、6等級で保険を契約することになります。
また、等級の数字が上がるほどに、保険料は安くなるのですが、等級を上げるには、1年を通じて保険を使わないようにする必要があります。
つまり、無事故であれば、自動的に等級は上がるのです。
さて、自動車保険を、現在契約している会社から他社に切り替える時は、等級を引き継ぐことができます。
ただ、契約がスムーズに行かないと、無保険の期間ができてしまい、等級がリセットされてしまう可能性が生じます。
このような事態にならないためにも、前の保険の満期日に、スムーズに保険が切り替わるようにしなければなりません。
とはいえ、等級を引き継いで新しい保険会社と契約することは、難しいことではありません。
スムーズに等級を引き継ぐためのポイントがあるとすれば、余裕を持って新しい保険の見積もりをしておくことです。
保険が満期になる2ヶ月前には保険料を見積もってもらい、契約がスムーズに行えるようにしておけば、等級を失わず、新しい保険会社に移行することができます。

通勤や通学、日々の買い物や移動、趣味にレジャーなど私たちの日常生活においてあらゆる場面で活躍をしている自動車。単なる生活の足という枠を超えて、私たちの生活に密接する生活のパートナーとして多くの人が自動車の恩恵を受けているのです。
そんな便利な自動車ですが、安心して乗るためには任意保険への加入が必須と言えます。
自賠責保険だけでは対物事故には対応できませんし、搭乗者補償もありません。対人補償はされるものの補償は有限となっているので、万が一のことを考えると、十分な補償とは言えないのです。

任意保険は自賠責保険よりも比較的保険料が高めとなっています。任意保険は一般的にはノンフリート契約を結び、等級が保険料金に大きく影響します。従って等級を下げずにどんどん上げていくことが保険料節約につながるのです。
等級は1年間無事故ならば1つ上がり、事故を起こしてしまうと下がります。
事故の内容によって等級が下がる等級ダウン事故と等級に影響するノーカウント事故に分けることができます。

等級が下がる事故でもさらに3等級ダウンとなる事故と1等級ダウンとなる事故に分けられます。

3等級ダウンとなる事故に分類されるのは、対人事故や対物事故、自損の車両事故などで保険金を受け取った場合になります。
しっかりと理解しておきたいですね。

私たちが加入している自動車任意保険。万が一の事故に備えて加入するものなのですが、同じ保障内容のものでも保険会社、等級に依り掛け金にも違いが有ります。今現在は、何処の保険会社もノンフリート等級制度というものがあり、この等級により、保険料の割引額が変わります。つまり、加入している保険を請求しなければ、毎年この等級が1等級アップとなり、保険料が安くなります。最高等級としては、16等級まであり、割引額は最高で、60パーセントになります。しかし、保険を使用しなければならない様な等級ダウン事故を起こしてしまうと、翌年は等級が一つ下がり、保険の割引額も下がります。さらに、事故を起こした翌年も保険を適用すると3等級下がってしまいます。ここで保険会社のオプションで等級プロテクトというものがあり、事故で保険を適用しても、翌年の等級と保険料据え置きを行うものなのですが、掛け金も高くなるので、現在の等級と相談しながら加入を決めればよいでしょう。もう一つ、等級が据え置きでも、過去の経歴などで、免責額の増加、更に保険を使った事故があまりにも多いようですと、加入自体もできなくなることもありますので覚えておいてください。この点からも安全運転を心掛ける事が一番の割引になることは確かです。

自動車保険における等級は、保険料の割増率・割引率を決定するための階級ですが、現在加入している自動車保険会社を他社に変更しても同じ割増率・割引率を維持することが可能です。これを引き継ぎといって、階級が高く保険料の割引率が高い人にとっては、大変お得な制度にもなっています。

自動車保険の種類は、通販や従来のような代理店、国内、外資系の保険会社等がありますが、それを利用している人が他社に移行する場合でも可能で、その割引率の高い恩恵を受けている理由から他社に変更や移行できないということはないです。そして、引き継ぎのルールとしては、1年契約の満期を迎えた場合にダウンされる事故がなければ、階級が1段階上昇します。

そして、階級がダウンする事故を起こしている場合は、自動車保険会社同士で自動車事故で保険を活用した情報を共有しており、たとえ保険会社を変更してもそのダウン事故の情報は引き継がれる仕組みになっています。例えば、新規に自動車保険に加入すると6階級からスタートしますが、前年の契約した保険会社を利用していることが判明したら、差額分の保険料を支払う仕組みになっています。

つまり引き継ぎには、一定期間の事故情報を引き継ぐルールを持っていることとなります。また他社の自動車保険会社に変える場合は、無事故を証明する書類が必要となるケースもあります。

自動車保険を他社へ移行したいと思った場合、今まで積み上げてきた等級も引き継ぎたいと思うことは当然です。しかし、中には等級を引き継げない場合もあるので、注意するようにします。とくに、共済保険には要注意です。
共済と保険の違いは、対象者にあります。保険は不特定多数の人を対象としていますが、共済は、特定の地域や職業の団体などに属している人たちを対象としています。また、共済には、保険会社が経営破綻した時に契約者保護を行うセーフティネットである損害保険契約社保護機構のようなものがないため、注意する必要があります。
この共済からの移行、共済への移行の場合、等級が引き継ぐことが出来ないということが多々あるのです。共済には色々なものがありますが、それらに対する対応、対処は、保険会社によって大きく異なってきます。せっかく積み上げてきた等級を引き継げないのであれば、割引率も大きく下がってしまいます。保険料を安くするために移ったつもりが、逆に、保険料が高くなってしまうということもあり得るのです。そのような事態にならないためにも、他社へ移す前に、等級の引き継ぎが可能であるのかどうか、しっかりと確認するようにしましょう。

自動車保険料を安くする方法は、2つあります。
ひとつは、事故を起こさずに等級を上げていくという方法です。
もうひとつは、より安い保険料を提示してくれる保険会社に、自動車保険を切り替えるという方法です。
この二つの方法は、それぞれでも保険料を下げるのに役立ちますが、両方を合わせることによって、最大限に保険料を安くすることができます。
たとえば、今まで代理店型の自動車保険に加入していた方は、積み上げた等級を引き継ぎつつ、通販型の保険に切り替えることで、大幅に保険料を安くできます。
等級は、国内の保険会社、外資系の保険会社を問わず引き継ぐことができるので、等級を引き継げる保険を探すのに苦労することはありません。
ただし、契約がスムーズに行えるように配慮することは重要です。
自動車保険の他社への切り替えは、現在の保険が満期になるタイミングで行われます。
ただ、通販やダイレクト型と呼ばれる保険の場合は、保険会社の方と対面することなく書類を作成して、郵送でその書類のやり取りをするので、記載に不備があると契約の成立までに時間がかかる場合があります。
ですので、スムーズに、等級を維持しながら自動車保険の切り替えを行うためには、できるだけ早く、新しい保険会社を決めて、手続きを開始することが肝要です。

自動車保険の契約を他社移行した場合、等級の引継ぎを行えます。ただし、これにはいくつかの条件があるので注意が必要です。
等級の情報は損害保険会社間で共有されています。そのため、移行元か移行先がこれに参加していない保険の場合には等級を引継げません。
移行の際に被保険者を配偶者や同居親族以外に切替えた場合や、契約する車を変えた場合も引継ぎできません。
移行元の満期日が過ぎても、7日以内に契約しなかった場合も引継ぎできませんが、保険会社によっては満期日が過ぎた時点で引継げなくなる場合もあるため、移行先の会社に確認が必要です。
移行元の契約が料金不払いなどで解約された場合も引継げません。
以降の直前に事故を起こして保険を使い、移行先に事故なしとして申請を行った場合、契約時は事故なしとして契約できますが、2、3か月後に移行元から情報が開示され、それに応じた等級に修正されます。
注意点として、5級以下のデメリット等級は保険料の負担が大きいため引継ぎたくないものですが、これは満期日から8日以上経過していても引継がれます。これをリセットするには保険に加入していない期間が13か月以上必要になります。単に保険会社を変えるだけではリセットすることはできません。