自動車保険料は、等級によって決定されます。
等級とは、ノンフリート等級別料率制度から、等級の部分だけを抜き出した言葉です。
この等級は、1から20までが設定されていて、初めて保険に加入する際は、6等級で保険を契約することになります。
また、等級の数字が上がるほどに、保険料は安くなるのですが、等級を上げるには、1年を通じて保険を使わないようにする必要があります。
つまり、無事故であれば、自動的に等級は上がるのです。
さて、自動車保険を、現在契約している会社から他社に切り替える時は、等級を引き継ぐことができます。
ただ、契約がスムーズに行かないと、無保険の期間ができてしまい、等級がリセットされてしまう可能性が生じます。
このような事態にならないためにも、前の保険の満期日に、スムーズに保険が切り替わるようにしなければなりません。
とはいえ、等級を引き継いで新しい保険会社と契約することは、難しいことではありません。
スムーズに等級を引き継ぐためのポイントがあるとすれば、余裕を持って新しい保険の見積もりをしておくことです。
保険が満期になる2ヶ月前には保険料を見積もってもらい、契約がスムーズに行えるようにしておけば、等級を失わず、新しい保険会社に移行することができます。