私たちが加入している自動車任意保険。万が一の事故に備えて加入するものなのですが、同じ保障内容のものでも保険会社、等級に依り掛け金にも違いが有ります。今現在は、何処の保険会社もノンフリート等級制度というものがあり、この等級により、保険料の割引額が変わります。つまり、加入している保険を請求しなければ、毎年この等級が1等級アップとなり、保険料が安くなります。最高等級としては、16等級まであり、割引額は最高で、60パーセントになります。しかし、保険を使用しなければならない様な等級ダウン事故を起こしてしまうと、翌年は等級が一つ下がり、保険の割引額も下がります。さらに、事故を起こした翌年も保険を適用すると3等級下がってしまいます。ここで保険会社のオプションで等級プロテクトというものがあり、事故で保険を適用しても、翌年の等級と保険料据え置きを行うものなのですが、掛け金も高くなるので、現在の等級と相談しながら加入を決めればよいでしょう。もう一つ、等級が据え置きでも、過去の経歴などで、免責額の増加、更に保険を使った事故があまりにも多いようですと、加入自体もできなくなることもありますので覚えておいてください。この点からも安全運転を心掛ける事が一番の割引になることは確かです。